maternity na-chan ’s blog

看護師。妊娠8ヶ月にして切迫早産で入院中。

スポンサーリンク

切迫早産入院25日目~切迫早産の対応~

 

34週目。

今日は妊婦検診でした!

とりあえず変わらず逆子でした。


赤ちゃんの体重は2253gでした!

 

逆子だと頭が細長くなるみたいで

体重を割り出す計算式に当てはめると
小さめに出るみたいです。

 

逆子用の式はないので。

もう少し大きいかもしれない
とは言われました。



子宮頚管長は3cmで
前よりは長くなってました!

逆子なので帝王切開の説明があったのですが

二人目を考えるなら
次の出産は3年くらい空けた方がいいそうです。


上の子が3歳くらいになる頃に
次の出産をした方がいいそうです。 



あくまで私の場合は、ですが。

 

ただの帝王切開なら

もしかしたらそんなに期間を空けなくても
いいのかもしれませんが

 

切迫早産になりやすいことも考えた上での
先生の判断だと思います。



また、13、14週辺りで
子宮頚管をしばる治療をするか
(子宮頚管縫縮術)

産休まで働くのではなく

早めに休職する等の対応を
取った方がいいと言われました。


休めば切迫早産にならないかも、と。



休職すると上の子の保育園の
退園の問題もあるけど

 

診断書があれば
通い続けることもできると言ってました。


二人目を考えるなら
今回と同じようにギリギリまで働いて

 

妊娠経過を過ごすのは
厳しいということがわかりました。

 

まだ一人目も無事に産む前ではありますが

きっと今話しておかないと
話す機会ってないんでしょうね。

 

それくらい切迫早産になりやすい
可能性があるから

次の時にはきちんと対策を取った方がいい

という先生の判断であり
助言なのだと思いました。



帝王切開は赤ちゃんの無事をとって

お母さんがリスクを背負う

と言われました。


普通分娩だって
もちろんリスクは伴いますが

帝王切開は手術ですもんね。

それなりのリスクを伴いますよね。

 

一人目が帝王切開なら

二人目も帝王切開になるだろうし

妊娠出産に伴う
私のリスクについてお話頂きました。

 

すごくよく診ていただいているので
ありがたいですね。

先生に診察してもらわなかったら
そのまま過ごしていたんでしょうし。



それでもなんだか切なくなりました。

切ないっていう言葉が正しいのか
わからないけど


二人目の妊娠出産のリスク

 

赤ちゃんもだけど
自分自身もリスクが高くなるので

 

よく考えないといけないな
と思いました。

 

二人目は諦めろってことでは
ないですが

リスクを考慮した上で
動かないといけないことを認識致しました。



よくわからないけど切ない

そんな気持ちになりました。





夕飯の時間になって夫が面会に来ました。

今日も夕飯を一緒に食べようと
デイルームに移動したら






まさかの中学からの
仲良し二人組がおりました!!!




『あれ!?なんでいるの?』




って大声で言っちゃいました(笑)


夫が声かけて来てくれたみたいです。



7月に会ったけど

もう入院しちゃったから
出産後だいぶ会えないし

たぶん年明けかなーと思ってたので
二人に会えて嬉しかったです。




いつも2、3ヶ月に1回は集まる程
頻繁に会ってるからね(笑)




金沢に行ってきたみたいで

安産の御守りと抹茶のマカロン
もらいました!!!







f:id:merci1206:20190930173054j:plain








いやー、嬉しいですね♪

早速、御守りは床頭台に飾りました!




友達がお見舞いに来てくれることで

会うことができて嬉しいですね。

少しの時間でも誰かと話すことで
楽しい時間を過ごせます。

気分転換にもなりますね。

誰かと話すって大切なことですね。

また明日から安静生活頑張ろう!
育児本も読まないと!!!