maternity na-chan ’s blog

看護師。妊娠8ヶ月にして切迫早産で入院中。

スポンサーリンク

切迫早産入院6日目①~逆子治療について~

31週2日目。①

今日の体調もまあまあです。

心なしかここ2、3日は
トイレまで行く時に
お腹の張りがやわらいだのかな。

歩きやすくなった。


痛みもないし、左下腹部の違和感もなし。
少しはリトドリンが効いてるのかなー。


正直効果疑ってたけど。(笑)




本日は膣洗浄と共に検査をしまして
エラスターゼ検査は陰性でした!

やったー!!!


なので、今日で膣洗浄は終わり。
良かったー。 


膣洗浄はそんなに痛くはないけど
やはり不快感はあるから
嫌なんだよね。



そして、今日から点滴をやめましょう
ということになり
昼食後から点滴持続投与中止!



これで点滴も抜針かと思いきや

「念のため残しておきましょうね。」


あー。そーですよねー。


昼食後からリトドリンの内服薬に切り替えて
1日4回内服になりました。


それでも点滴に繋がれていないだけ
楽ですね。






そして午後からお灸の治療のため
産婦人科外来へ。


28週の時に初めて逆子の診断されて
30週の時にも逆子だったから
お灸の治療をすすめられたんです。


お腹の張りもあるから
逆子体操は禁止だったので
できることと言ったらお灸だけ。


逆子の対策にお灸の治療なんて
初めて知りました。



ということで人生初のお灸。


感想としては…熱くて少し痛みがある感じ。
そのままか(笑)


治療の開始時期としては
28週から33週までの間が望ましいみたいです。


お灸をする場所は
山陰交と至陰。


山陰交は内くるぶしの一番高いところから
指4本分上で、すねの骨のきわ。



f:id:merci1206:20190917030401j:plain






f:id:merci1206:20190917030511j:plain



至陰は足の小指の爪の付け根の外側。




f:id:merci1206:20190917030433j:plain




私はせんねん灸のみでやってましたが


本当は山陰交のみせんねん灸で
至陰はもぐさでお灸するみたい。


このもぐさというやつ。


こよりっぽくねじっていって
お米の半分くらいの大きさに
自分で調整して切るんですよ。

いやー難しい。




お灸の先生だって

「これは小さいなー。」とか

「これは大きいなー。」とかやってるのに

無理よね(笑)


よくわからん。



しかも、その作ったやつを
10個くらいその都度火をつけて
至陰に当てて消してっていう繰り返し。


お腹も大きいし
無理かなーと思って

せんねん灸にしました。


せんねん灸なら貼るだけだし。
続かなかったら意味ないもんね。


今日は鍼灸の先生だったから
特別に山陰交に鍼もしてもらいました。



人生初の鍼。

意外と痛くないのね。


よくモデルさんとか
顔にやってるのも見たことあるけど
こんな感じなのねー。


良い経験させてもらいました。




そして、今日は義母がお見舞いに
来てくれました。


肌触りの良いクッションと
『大家さんと僕』の本や
お菓子やら持ってきてくれました!




f:id:merci1206:20190917030549j:plain






大家さんと僕面白くて
一気読みしてしまった!


いやー、大家さんいいキャラだなー(笑)







→続