maternity na-chan ’s blog

看護師。妊娠8ヶ月にして切迫早産で入院中。

スポンサーリンク

切迫早産入院7日目~子宮頚管短縮と入院期間延長~

31週3日目。



朝の診察。

「昨日、お腹の張りが
結構あったのでエコーしてみましょう。」

と言われ診察室へ。


エコー入れてみるも先生無言。


何ともなかったら
すぐ終わるだろうから

これは怪しいなぁと思ってると


そのうちエコー中にも
お腹張ってきた!!!


こりゃ駄目だろうなと思ってたら




やはり子宮頚管長の測定にて
なんと2.5cm!!!



前日は3.5cm以上あったのに!


1cmも縮んでる!?


そんなことある!?



ということで
点滴にまた逆戻り。 



もちろん退院も延期になりました。






この日の夕食後に主治医が訪室。


そしたら…。







帝王切開(もしくは正期産)まで入院








が決定致しましたー。



まー、家に帰っても
どのくらい安静を保てるかわからないしね。


それにしても
こんな長期入院になるなんて。


思ってもみなかった。


2ヶ月近くも入院なんて
初めてだなー。




早速、夫に報告。

入院期間が延びるのは
夫も色々大変だろうけど

何より夫は泊まりの仕事もあるため
何かあった時に対応できないことを
心配しておりました。


そのため、入院してた方が
少し安心したようです。





ということで

安静の期間が延びるので
月曜日からリハビリの開始。




そして、リトドリンの
点滴投与の期間も延びるため

(心臓への負担もかかるため)



月曜日に心電図の測定や
採血、妊婦検診もするとのこと。


 

病院にいれば安心だと言われました。



まー、安心だよね。

退院して無理して
また切迫早産が悪化しても嫌だし。



もう仕事も行けないことも決まってるし
何も焦ることはないから。



それにしてもやはり
点滴投与してるとトイレまで行くのも楽。


お腹がつれるような感じがなくなるんです。

それがあった方がおかしかったのね
ってくらい楽ですね。


すたすた歩ける。
リトドリンの効果恐るべし。


(…夫にはゆっくり歩け、と注意されますが 笑)



あとは安静にして
無事に出産できるように頑張るだけ!