なーちゃんの育児日記

切迫早産で緊急入院からの帝王切開で55日間の入院生活。絶賛、育児奮闘中!!!

スポンサーリンク

【帝王切開】様々な痛みや母乳育児との闘いー体験談ー

迎えた術後2日目。    

 

この日から私の地獄は始まります。

 

とりあえず

お腹の傷が痛くて痛くて仕方がなく

 

持続投与している硬膜外麻酔から

疼痛時の投与(フラッシュ)をしていました。

 

 

いつもは1時間辺り

2mlずつ投与している鎮痛薬を

 

いっきに4mlくらい投与できるのです。

 

これが私にはよく効きました。

 

1回フラッシュすれば

30分くらいでだんだんと効いてきました。

 

 

それにしても驚いたのは

 

私と同じように帝王切開をしていても

すたすたと歩いている人もいるのです。

 

 

私は看護師さんにお願いして

点滴を抜いたあとでも

 

点滴棒を杖代わりにしないと

 

とてもではありませんが

歩行できませんでした。

 

 

こんなにも人によって違うのかと思い

驚きと共に

 

自分だけが痛みに弱すぎるのか、と

少し落ち込んだりもしました。

 

 

それでも痛いことに変わりはないので

6時間おきくらいに

 

鎮痛薬をフラッシュして

痛みを凌いでいました。

 

 

そして助産師さんから

 

冷え性ですか?

血行が悪いと母乳も出づらくなったりするので

漢方を飲んでみますか?」

 

と言われ処方されたのは

 

ツムラ当帰芍薬散エキス顆粒

 

 です。

 

 

大きく表示してみたのは

 

このおかげなのか

胸が張るようになってきたのです!!!

 

 

それくらいの効果!

 

 

全然うんともすんとも

言わなかった私の胸が

 

とうとう張るようになってきたことに

驚きました。

 

 

今度は胸が張って母乳が作られても
赤ちゃんは吸えないし

母乳もなかなか出づらかったので

 

だんだん熱くなってきて

胸の張りは痛いくらいになってきました。

 

それよりもなによりも

痛いのは

 

助産師さんの母乳マッサージ。

 

 

ぐいぐいマッサージするので

痛みに顔が歪むくらい・・・。

 

 

それくらいしないと

母乳が出ないんだろうけど

 

本当にその時間が辛かった。

 

 

しかも赤ちゃんに吸わせて

ミルクを飲ませて

 

その後に母乳マッサージという流れなのですが

その一連の流れに

 

1時間、かかるときは1時間半かかるのです。

 

赤ちゃんは吸うのが下手だし

ミルク飲んでると寝ちゃうから

 

なんとか起こしながらの授乳。

 

 

それに加えて

母乳マッサージが20分くらいで

 

3時間おきの授乳だと

休む時間が全然なくて萎えました。

 

 

1時間半かかると3時間おきの授乳だから

次の授乳までに1時間半しかないんです。

 

 

寝る時間も休む時間もなくて

助産師さんが気付かないうちに

 

母乳マッサージをせずに

部屋に戻りたいと思うくらい辛かったです。

 

 

それでもなんとか右胸から

一滴母乳が出るようになり

 

初乳を飲ませることができて

ほっとしました。

 

 

また右胸は脇抱きの方が

赤ちゃんは吸いやすいみたいだったので

 

助産師さんと試行錯誤しながら

ようやっと母乳育児が動き出しました。

 

 

この日母乳育児が

少し進んだのは漢方だけでなく

 

赤ちゃんが吸いやすいように

胸にシールドをつけるようにしました。

 

病院にある試供品を使ってみたら

赤ちゃんも吸いやすいみたいだったので

 

2000円程のシールドを

その場で購入。

 

ちなみに私が購入したのは

これです。

 

 

 

楽天でも売ってました。

 

ちなみに私がネットで見かけた

シールドのランキングでは一位になってたので

 

すごく使いやすくて

赤ちゃんにとっても良いのかもしれません。

 

シールドを使うとその分長さが出るので

赤ちゃんの舌でも吸いやすいようでした。

 

薄くてフィットするし

ケースもついてるので

 

外出時の授乳にも持ってこいです。

 

 

 

 

まだほとんど母乳は出なかったけど

少しずつ前に進み始めて

 

赤ちゃんも一生懸命に

頑張っている姿を見ていたら

 

「赤ちゃんも吸うのを頑張っているから

私も母乳が出るように頑張らないと。」

 

と思い

 

母乳が出やすくなるようには

どうすればいいのか

 

助産師さんにもアドバイスをいただいたり

ネットで検索しながら

 

できることを探した結果

 

とりあえず水分を摂ることでした。

 

 

 

母乳が出ずに

何も頑張っていない私は

 

授乳室の無料の飲み物なんて

飲んじゃ駄目だ、と思っていましたが

 

そうではなく

むしろ母乳が出るように頑張るには

 

水分を摂らないといけないと思い

授乳の度はもちろん

 

隙あれば水分を摂るようにしました。

 

授乳後には毎回

お茶かお水をもらうようにして

 

時々はジュースもご褒美として

もらいました。

 

 

もともとあまり水分を摂る方ではないので

 意識しないといけませんでしたが

 

これで母乳が出るようになれば、と

努力するようになりました。

 

 

今から考えれば

3時間おきにミルクでも母乳でも

 

授乳していることに

変わりはないのだから

 

ママはみんな

頑張っているんですよね。

 

 

 

授乳室に行くのが嫌になるくらい

周りの状況も気にしちゃうから

 

余計に精神的に落ち込んでしまうんですよね。

 

 

初めてだとやはり比べてしまいますね。

 

 

私はもともと人と比べてしまいやすい

性格だから尚更。

 

ママはみんなそうなのかもしれないけど

母乳育児で悩みますね。

 

 

悩みやすい性格だけど

精神的には割と強い方だと

 

自分のことを思っていました。

 

 

でも出産の疲れや

授乳による睡眠不足のせいもあるのか

 

精神的に落ち込みやすい時期なので

周りの人は言動には注意した方が良いかもしれません。

 

 

もし私が少し落ち込んでいる時に

 

「母乳が出ないなんて考えられない」とか

言われていたら

 

きっともっと

母親失格だと思って

 

産後鬱にもなっていたかもしれません。

 

 

周りの家族も含め

助産師さんや先生が

 

みんな優しく声をかけてくれたので

私はあの時期を乗り越えられたし

 

 今は精神的に落ち込むことなく

育児もできているのだと思います。

 

 

ぜひとも周りに妊婦さんや産婦さんがいる方は

いつもよりもより一層

 

優しい声かけをお願いしたいです!!!