なーちゃんの育児日記

切迫早産で緊急入院からの帝王切開で55日間の入院生活。絶賛、育児奮闘中!!!

スポンサーリンク

【帝王切開】母乳が出ない母 母乳を吸うのが下手な我が子ー体験談ー

とにかく私の場合は

びっくりするくらい母乳が出ませんでした。

 

胸が張ることもなく

初乳さえ出ませんでした。

 

歩行する前までは

ずっとベッド上で安静にしていたので

 

周りの状況なんてわからなかったので

比べたりもすることもありませんでした。

 

 

しかし歩行するようになり

授乳室での授乳に変わると

 

周りには一緒に頑張っている

お母さんたちがたくさんいます。

 

見てるだけでは

誰が初産婦なのか経産婦なのかまでは

わかりませんが

 

明らかに私よりは

みんな母乳が出ています。

 

一滴も出ない私に比べれば

みんな出ていたので

 

正直虚しくなりました。

 

助産師さんは

 

「初産婦さんだし、切迫早産で入院してたから

母乳マッサージもできなかったからね。」

 

と言ってましたが

 

話の流れ的に(←盗み聞き笑)

 

初産婦さんでも

母乳が出ている人は出ていました。

 

私の友達の帝王切開で出産した子も

胸が張ると言っていたので

 

当たり前ですが

初産婦だけが理由ではありません。

 

 

 

授乳の壁として

最初に立ちはだかったのは

 

母乳が出ないことでした。

 

 

人間界にはミルクがあるので

 

母乳が出なくてもミルクさえあげれば

育てることはできると思います。

 

でも野生の動物たちは

母乳で育てていくしかありません。

 

動物だって母乳で育てているのに

人間だと出ないこともあるのかと

 

本当に悲しくなりました。

 

 

母乳だけで育てるのは

大変だとわかってはいたけど

 

こんなにも出ないことがあるのだと

改めて母乳育児の難しさを知りました。

 

 

授乳室に行っても

最初のうちは虚しくて悲しくなっていました。

 

 

授乳室に置いてある自販機の飲み物は

無料なのですが

 

「私なんか時間になったら

授乳室に来ているだけで何もしていない。

 

それなのに無料で飲み物なんか

もらっちゃ駄目だ。」

 

と思っていました。

 

 

それくらい

色々なストレスもあるのか

 

正直この時期が一番

精神的に落ち込んでいる時期でした。

 

産後鬱まではいかないけど

きっとこうやって鬱になっていくのだろうな、と

 

この時は正直思いました。

 

 

でも私の母乳も出ないけど

私の赤ちゃんも吸うのが下手で

 

なかなか咥えることができず

吸うのはおろか

 

なめることしかできませんでした。

 

それでも母乳育児を勧めている病院だったので

毎回毎回赤ちゃんになめさせて

 

母乳が出るようにマッサージをしていました。

 

 

それを見ているうちに

私の母乳も出ないけど

 

この子も吸うのが下手だから

さすが私の子どもだな、と思って

 

笑っちゃうこともありました。

 

 

赤ちゃんに吸うのが下手、とか

あるのだなと驚きました。

 

これもまた赤ちゃんなら

誰でも咥えて吸うことができると思っていたので。

 

 

助産師さんは

 

「同じ赤ちゃんでも

予定より週数が早く産まれると

 

その分他の子よりは未熟だから

吸うのも下手なのかもしれない。

 

でも、だんだん大きくなれば

吸うのも上手になってくるから。」

 

と励まされました。

 

 

この時期の助産師さんの言葉って

偉大ですね。

 

 

 

いや、初めての子育てなんて

不安だらけだから

 

いつでも助産師さんの言葉は

とっても励ましになるのかもしれません。

 

 

術後1日目の夜は

お腹もかばいながらだし

 

身体的にも辛かったので

母子同室ではありましたが

 

助産師さんに預けることにしました。

 

 

それにしても

術後1日目の我が子は全然泣かないので

 

泣かなくても3時間はあけずに

授乳するように言われていましたが

 

つい5時間くらいあけてしまい

すごく自己嫌悪になりました。

 

 

助産師さんからは

 

「少しは休めましたか?」

 

と言われましたが

 

 

母親失格だと思い

そこからアラームをかけるようにしました。

 

 

(このアラームもなかなか

起きられないこともありましたが笑)

 

そんなこんなで

歩行時のお腹の傷の痛みや全身のかゆみ

 

子宮の痛みなどに耐えながら

術後1日目は過ぎていきました。