maternity na-chan ’s blog

看護師。妊娠8ヶ月にして切迫早産で入院中。

スポンサーリンク

切迫早産入院34日目~病院食を食べていて気がついたこと~

 

35週2日目。

 

外出のためか
昨日は途中で目は覚めるけど
よく眠れました。

 

いい気分転換になりましたね。

 

モニター上お腹の張りは
赤ちゃんの動きと共にあったかなー
くらいでした。

 

 

今日は病院食を食べていて
気がついたことについて

書いていこうと思います。


 

 

病院食を食べていて気づいたこと

 

①生野菜が出ない

 

病院食を食べ始めて
もう1ヶ月以上が経ちましたが

 

やはり食中毒対策なのか
あまり生って出ないですね。

 

野菜も茹でたりされてるのが
ほとんどです。

 

きゅうりが皮を剥いて
調理されてることにずっと疑問を
抱いていました。

 

きゅうりって
自宅だとあまり皮を剥かないというか

 

今まで剥いたことなかったのですが
何か理由があるのかな、と思ってました。

 

病院食なので
色々な方が入院されているので

 

皮があると硬いのかな、とか
思いましたが

 

毎回必ず皮が剥いてあるので
気になって調べてみました。


そしたらきゅうりの皮って
細菌が多いんですね。

 

特にイボイボの部分に
多いみたいなので

 

家で調理するなら

 

まずまな板で塩揉みして
イボイボを少し取ってから

 

さっと軽く茹でるといいみたいです。

 

軽く茹でる程度なら
そんなに食感も変わらないそうです。

 

私は入院中なので
まだ試せないですが(笑)

 

たぶん病院食に出てくるきゅうりも
皮も剥いてありますが

少し茹でてると思います。

 

ただ塩揉みするだけではないような
柔らかい食感なので。


 

②ほとんど毎食ニンジンが使われている

 

ニンジンて緑黄色野菜だし
もちろん栄養もあるし安いけど

 

毎食のようにニンジンが出ることに
驚きました。

 

今までニンジンを
こんなに食べて来なかったです。

 

スープに少し入ってたり
酢の物として出て来たり

 

様々な料理に入ってて

 

その料理に合わせて
当たり前だとは思いますが

 

切り方も変えて出てくるので

 

一食に二品
ニンジン入ってたりすると

 

作る方は大変だろうな
と思いながら

いつも食べています。

 

そのためニンジンについての
栄養素を調べてみました。

カロチン

・抗酸化作用
・抗がん作用

ビタミンA

・肌荒れ防止効果
・眼精疲労、ドライアイに効果的

カリウム

・高血圧予防、改善

食物繊維

・便秘解消効果


様々な効果があるんですね。


毎日のように
ニンジンを食べているせいなのか

早寝早起きのせいなのか(笑)

入院中肌トラブルに
悩まされることなく経過してます。

クーラーもつけっぱなしだし
乾燥しやすいのかな、と思ってましたが

意外と問題なく過ごせてるのは
もしかしたらニンジンのおかげも

あるかもしれないですね。

 

退院したら
もっとニンジンを毎日の生活に

取り入れていこうと思いました。


 

③ソースにバリエーションがある

 

肉や魚は
焼いたり茹でたり揚げたり

 

調理方法は限られてくると
思いますが

 

同じ種類の焼き魚でも
タルタルソースだったり

カレーソースだったり
大根おろしだったり

沢山バリエーションがあります。

 

 

どうしても同じ食材を
使わざるを得ないですが

ソースが違うことによって
だいぶ料理の表情が変わってきます。

 

 

何よりも焼いただけ、よりも
ソースがかかってることで

一手間加わりご飯も進みます。

 

私は料理は全然得意ではなく

むしろネットでレシピを見ないと
新たな料理は作れないので

忙しくて面倒くさい時は
どうしても同じメニューになりがちです。

 

でも入院してから
このソースの大切さに

今さらながら気づいたので

まずはソースのバリエーションを
増やしていこうと思います。

 

料理のレパートリーももちろんですが
ソースを変えるだけで

料理もまた変わるので

様々なソースを作れるようになりたい
と思いました。

 

入院中だと
意外とカレー風味のソースが出てくるので

早速レパートリーに加えます(笑)

 

 

きっと飽きさせないように
病院食を考えている管理栄養士さんも

 

大変だろうなと思いながら

 

これからは毎日の自分の料理にも
活かしていきたいと思います。