maternity na-chan ’s blog

看護師。妊娠8ヶ月にして切迫早産で入院中。

切迫早産入院37日目~読書の必要性~

 

35週5日目。

今日もお腹の張りは
モニター上1回あったかな、くらいでした。

 

今は育児本の二冊目を
読んでいるところです。

この間子どもの成長の
だいたいの流れを勉強したので

今度はしつけと育脳についての勉強です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめてママ&パパのしつけと育脳 (実用No.1シリーズ) [ 成田奈緒子 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2019/10/9時点)

楽天で購入

 

 

 

育児の本は一冊も購入してなかったので

夫に頼んで楽天で買ってもらいました。

 

 

育児の流れについてまとめてあるものと

しつけ、病気についてです。

 

 

しつけについて
何も知らない私ですが

前々からしたいと思っていたことは
絵本を読んであげることです。

 

このしつけの本にも

年齢に合わせたオススメの絵本が

載っていたので

 

ぜひとも買おうと思っています!

 

 

自分が絵本を読んでもらって
育ったのもありますが

 

私自身、本が好きなので
その楽しさを知ってもらいたいと
思っています。

 

そんなこと言いつつ
時々しか本は読めていないので

普段の生活の一部までには
なってはいませんが

読書をすることで

様々なことについて知ることができるので
私は大好きです。

多角的な者の見方にもつながると思います。

 

 

自分が興味のない内容についての本を
読むことは結構大変なことですが

そういう時にこそ
学びがありますよね。

 

私はこの間
地政学についての本を読みました。

何で読むことになったかというと
義母から貸してもらったからです。

世界史とか全然わからなくて

どこの国がなんだっけ、、、
みたいなことにもなるのですが

せっかく貸してもらったので
意地でも最後まで読み通しました(笑)

 

詳細を突き詰めるよりも
全体の流れを掴むのが

とりあえず重要だと思ったからです。

 

今のアメリカがどうして

こんなに世界に影響力を
持つようになったのか

またその強さを保つために
今やってること

などが見えてきました。

 

アメリカだけでなく

かつての日本の世界への影響力や

 

他国の世界への影響力と衰退

について様々なことが

記載されていました。

 

 

正直私は『地政学』というものを

この本を読んで

初めて知りました。

 

 

ただ単純に成り行きとかではなく

この地政学こそ

 

世界への影響力に関係してくるのだ

と改めて実感しました。

 

すごく面白かったです。


わかってはいたけれど

やはり日本はアメリカに守られている存在
なのだと感じました。

 

基地の問題はあるけれど
アメリカが撤退した場合

他の国が攻めてくる可能性も
ゼロではないことを

改めて考えさせられました。

ただ基地があることで
苦しめられている日本人がいるのも事実。

 

何が正しい、かは
今の私には正直わかりません。


話が読書感想文になりましたが(笑)

そういった意味でも

本を読むことは様々な角度から
物を見る機会が増えます。


だから幼い時から
本に親しめるような環境作りが私の目標です。

 

それでも子どもにとって
もし合わないのであれば

無理強いだけはしないようにしたいです。

つい自分の思い通りに
させたくなってしまいそうなので。

一つの経験として
取り入れていきたいですね。