なーちゃんの育児日記

なーちゃんの育児日記

切迫早産で緊急入院からの帝王切開で55日間の入院生活。絶賛、育児奮闘中!!!

スポンサーリンク

【添加物】子育てママの味方☆バナナ選びのポイント6選

f:id:merci1206:20210203183240j:plain

こんにちは。

アラサーママのなーちゃんです。

 

今回は離乳食に便利なあの食材

『バナナ』選びのポイントについて紹介していきます!

 

目次

 

バナナ選びのポイント6選

シュガースポットが出ている

良く見かける茶色い斑点のことです。

これが出てくると糖度が高くなってきて

食べごろのサインです。

 

逆にこのシュガースポットがありすぎると

熟し過ぎているので

早めに食べることをオススメします!

茎が太くて短い

茎が短くて房の根元に近い方が旨味があります。

角に丸みがある

角ばっているバナナよりも丸みがある方が甘味が強いです。

サイズが大きい

小さいバナナよりも大きいバナナのほうが

甘いバナナです。

国内産

これはなかなか厳しいですが

沖縄、奄美大島石垣島島バナナが生産されます。

 

これに関しては7~9月が旬なので

他の季節ではやはり外国産に頼るしかありません。

 

有機栽培

そもそも有機栽培(有機農業)とは

「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと、並びに遺伝子組換え技術を利用しないこと」と定義されています。

 

有機栽培だと少しお値段は張りますが

赤ちゃんに食べさせるのも安心ですね。

 

<スポンサーリンク>

 

 

バナナにはポストハーベスト農薬って使用してるの?

外国産のバナナは

全て未成熟で日本に輸入されます。

成熟した黄色いバナナだと

害虫がついている危険性があるためです。

 

輸入したバナナに

もし害虫がついていた場合

燻蒸剤での燻蒸処理がされます。

 

燻蒸処理がされた場合は

有機栽培とは名乗れなくなるので

 

薬品の使用が気になる場合は

有機栽培のバナナを選ぶのが一番です。

 

ちなみに有名ブランドのドールのバナナは

防カビ剤や防腐剤などの

ポストハーベスト農薬は

一切使用していないそうです。

 

お客様相談室のお問い合わせ内容として

ホームページ上に記載ありました。

 

ちなみにポストハーベスト農薬については

過去記事参照してください↓

www.na-chanblog.work

 

バナナのオススメ保存方法

室温が一番と言われていますが

室温保存しておくと

夏でも冬でもあっという間に

食べ頃になってしまうんですよね。

 

特に私はバナナが好きではなく(笑)

家族のために購入しているので

余計になかなか減りません。

 

そんな方にオススメなのは

小さく切って冷凍

もしくは保冷バッグで冷蔵保存です!

 

離乳食用に小さく切って冷凍してます。

 

大人がすぐ食べるのであれば

保冷バッグに入れて冷蔵保存すると

本当に長持ちするのでオススメです!

 

最後に。

安価で栄養価の高いバナナだからこそ

離乳食と家計の味方☆

 

だからこそ安全に美味しい

バナナ選びをしたいですね。

 

最近息子にフルーツを毎日

食べさせているおかげが

珍しく1か月以上風邪をひいていません!!!

 

やはりビタミン大事だなぁ。

 

それでは!

また(^^)/