maternity na-chan ’s blog

看護師。妊娠8ヶ月にして切迫早産で入院中。

スポンサーリンク

切迫早産入院48日目~出産後の注意点~

 

37週2日目。

 

いよいよ明日は帝王切開日。

 

ドキドキしてきますね。

 

帝王切開後に

部屋移動するのかと思っていたら

 

ベッド調整の関係なのか

 

急遽、産婦さんがいる部屋に

移動になりました。

 

 

母子同室なので

みんな赤ちゃんと一緒でした。

 

 

私も明日には

 

赤ちゃんが産まれると思うと

わくわくしました。

 

 

食事は今日の夕飯までです。

21時以降は食事やジュースは禁止。

 

明日の6時までは水なら飲水可です。

 

一回の尿量がどれくらいなのか

知るため、一度尿量測定をしました。

 

 

 

今日は最後のリハビリ。

 

一か月以上

毎日のようにリハビリをして頂いたので

 

今日で最後だと思うと

少し淋しいですね。

 

最後に理学療法士さんに

教えてもらったのは

 

帝王切開後の傷の対応や出産後の注意点についてです。

 

 

私自身、手術は初めてなので

傷の後遺症みたいな症状については

 

知らなかったので

とても勉強になりました。

 

出産も初めてなので

どういったことに気を付ければいいのかも

 

たくさん教えていただきました。

 

 

まず産後のケアについてです。

 

妊娠前の状態に戻るには

早くとも産後6週間はかかります。

 

 そのため産後6週間は

きちんと身体を休める必要があります。 

 

 

 

産後1週間目は

 

入院してることが

ほとんどだと思いますが

 

授乳したり

産後の指導があったりするので

 

意外と休めないのが現状です…。

 

 

それでも

なるべく寝てるのがベストです!

 

 休める必要があるのは

産後のお母さんの身体は

 

ボロボロになってることももちろん

 

具体的に言うならば

 

妊娠に伴い

身体の内臓の位置にも変化が出ます。

 

 

靭帯が伸びることで

それに対応しているのですが

 

伸びた靭帯が元に戻るのに

時間がかかります。

 

その元に戻れる期間が

身体を休ませる期間でもあるのです。

 

そして靭帯が元に戻る期間を逃すと

延びきったままになり

 

いわゆるぽっこりお腹(臓器下垂)が

直らない状況になってしまうのです。

 

 

なので世の女性は

本当に無理せずに

 

横になることが第一です。

 

 

安静にするというのは  

家の中にいる、ということだけでなく

 

横になって寝るということです。

 

 

伸びた靭帯は

重力に弱いので

 

なるべく重さがかからない

体勢が重要になります。

 

座ってるのも負担になります。

 

ただでさえ

授乳があるので

 

それ以外の時間は

横になっていることが重要です。

 

 

最低でも三時間おきの授乳。

 

でも三時間おきと言っても

結局はなんだかんだで

 

授乳し始めて終わるまでに

一時間くらいかかることを考えると

 

休む時間てほとんどないんです。

 

 

 

これを知ってるかどうかで

 

出産後の自分の行動にも

変化が出てくると思います。

 

 

少なくとも私は

理学療法士さんに言われて

 

ぽっこりお腹は嫌だし

早く体重も戻したいので

 

この言い付けを守ってました。

 

結果はまだよくわかりませんが(笑)

 

 

 

 あとは体の動かし方にも

注意が必要です。

 

過去の記事で

骨盤底筋をしめてから動くこと

 

排便の仕方、恥骨に負荷をかけない動き

について記載しているので

 

そちらもご参照ください。

 

 

 

 

www.na-chanblog.work

www.na-chanblog.work

www.na-chanblog.work

 

 

 

 

ちなみに。

 

ポッコリお腹を

引き締めたいからと

 

産褥ニッパーや引き締めガードルを

早いうちから使用するのは逆効果です。

 

 

産後回復するには

最低3か月はかかります。

 

 

回復していない骨盤底に

負担がかかるので

 

臓器下垂を起こしやすくなります。

 

腹筋運動も同じくしないのがベストです。

 

 

 あとは授乳の時は

負担がかからないように

 

クッションを使用して

体勢を整えるのが必須です。

 

肩も凝りやすいので

適宜、肩回しをするなど

 

動かすことも大事になってきます。

 

 

 

とにかく産後6週間は

しっかり休んでください!!!

 

 

 

帝王切開の傷の対応については

また後日記載致します。