maternity na-chan ’s blog

看護師。妊娠8ヶ月にして切迫早産で入院中。

スポンサーリンク

切迫早産入院18日目~母乳とミルク~

 

33週目。

右の足の付け根の辺りにあった発赤。

時々すごくかゆくなって
掻いたりしちゃう時があったんですが

だんだん広がってきて
保湿クリーム塗っても効果ないし

我慢もできなくなってきたので
今日先生に相談してみました。


これでレスタミンとか出されてもなー

ステロイド出してほしいなーと
思ってたら

出してくれることに♪



医師でもないのに
自分からステロイド出してください

とは、いくら何でも言えないですからね。

効くといいなー。


妊娠中にステロイドって
ちょっと不安ですが

塗り薬ならほとんど胎児に
影響はないと言われているそうです。

塗る範囲にもよるかもしれませんが

とりあえず今回は弱めのステロイド外用薬を
処方してくれるとのことで

ロコイドが処方されました。





 

今日は母子学級がありました!

今は母と子に限定しないから
ママパパクラス、とかすこやか学級とか
色々な呼び方がありますね。

うちも夫が来られる日に
なんとか予定合わせることができました!

先生からの許可も出ました!






今日は母乳についてのお話。

私の病院は、母乳育児をすすめていて
母乳の大切さやミルクとの違いを学びました! 

 

母乳はどうやら飲み始めと飲み終わりで


カロリーや脂肪分に違いが

あるみたいです。


そのため飲み終わりまで

しっかり飲むか飲まないかで


赤ちゃんの体重の増えにも

違いが出るそうです。





また母乳をあげてると


赤ちゃんの免疫力アップや

産後の戻り(子宮の縮み)が良くなる


ダイエット効果なども

期待できるそうです。




 

母乳は栄養面でもコストでも
良いことづくめだけど


ミルクに比べて消化吸収が早いので
どうしてもあげる回数が
多くなってしまうそう。

それは母乳が足りてないわけではなく
仕方のないことらしいです。


それを心配して足りてないのかと思って
ミルクをあげちゃうと


赤ちゃんに吸われなくなることにより
母乳も出なくなってしまう
という負のスパイラルへ。


赤ちゃんは
お腹いっぱいでも


口のところに持ってこられると
反射で吸ってしまうみたいです。



もしミルクで育った夫や義母とかに


「すぐ泣いちゃうのは
母乳足りてないんじゃない」

と言われても




体重の増えが問題なく


助産師さんからも『大丈夫』っていう
太鼓判をもらっているなら 


母乳だけで大丈夫なので

安心してくださいとのことでした。




ミルクだとあげてから
三時間くらい間隔が空くみたいですが

母乳は消化吸収が早いので

一時間半とか二時間くらいの間隔で
あげることになるみたいですね。



いやー、乗り越えられるかな。

赤ちゃんのためなら頑張れるかな。



母乳をあげることにより
プロラクチンが放出されて

ママのストレスも少しは軽減するみたい。



子育て初めてで
育てられるか心配だけど頑張ろう!

もう10年前くらいに勉強した
母性と小児なんて忘れたので(笑)

育児の本買って勉強します!

この入院中の暇な時間に!